◆新曲『Teardrops 涙の滴は落ちて海になる』が完成しました♪(制作課程も分かるよ)笑◆

オッドアイ猫みなさん、こんにちは~アッキーですビックリマーク爆笑

 

オッドアイ猫この前”ドラえもんドラ。“のブログを書いてから、次はボーカロイド等の音楽ネタを書こう書こうと思っていたのですが、なかなか更新出来なくて済みませんでした笑い泣きあせる

 

オッドアイ猫この1週間の間何をやっていたかと言いますと、新曲を作るために山にこもっていました~笑い泣き

 

 o(=・ェ・=o)=3=3=3=3=3=3

 

オッドアイ猫と言うのは冗談ですが、スタジオでずっと、新曲のアレンジをしていましたニコニコ

 

オッドアイ猫今回の曲は『Teardrops 涙の滴は落ちて海になる』と言うタイトルのバラード曲ですビックリマーク爆笑

 

 

オッドアイ猫自分には珍しく、アコースティック楽器を基本とした、バラード調の曲なのですチューラブラブ

 

オッドアイ猫おそらく読者の皆さんは、アッキーは”シンセヲタクのダンスミュージックしか作らないヤツ”だと思っているかと思いますが(笑)、そんなことはありませんよ~~~ガーン(笑)

 

オッドアイ猫この曲を聴いていただければ分かると思いますが、実はメロディーが美しい曲が大好きなのですビックリマークラブ

 

オッドアイ猫シンセサイザーの電子音も好きですが、アコースティック楽器の持つ独自の振動や音色がとても好きなのです音譜

 

オッドアイ猫実際、スタジオにはシンセサイザーが多数ありますが、サックスやトランペット、トロンボーン、クラリネット、バイオリン等の楽器を始めとして、日本を代表する尺八もあります(笑)ウインク

 

オッドアイ猫生楽器は良いですね~、その楽器自体が振動するバイブレーションを直に感じることが出来ますニコ音譜

 

オッドアイ猫まず、この曲の依頼を受けたのはほんのこの前の、先週の月曜日(2月20日)位だったと思いますグラサン

 

オッドアイ猫最近フェイスブックで知り合った、アメリカ人のSeaira(シエラ)と言う女の子と話をしていくうちに、その子が3月に新しいアルバムを出すとの事で、その中の1曲を作ってくれとの話になりましたニコ

 

 

オッドアイ猫この子がアメリカ在住のシエラです。シエラのYouTubeチャンネルはここです音譜

 

オッドアイ猫まず最初に、この子がアカペラで歌ったメロディーのMP3と、歌詞のテキストデーターをもらい、その曲のアレンジをすると言う事になりました音譜

 

オッドアイ猫そして、その作成に取りかかり始めたのですが、確かに外国人の方が書いた日本語の歌詞としてはかなり完成度が高く、一瞬、『お~~』とうなずいたのですが、やはりこれを商品として世の中に出すためには、細かい所をいろいろ変えなくてはならないなと思いましたニコニコ

 

オッドアイ猫そして、どうしようかと考えながら数日が経ち。。。(笑)取り敢えず、サビだけは最初に完璧な物に変えないといけないと思い、歌詞とメロディーを少し変えてサビが決まりましたニコ

 

オッドアイ猫それから、最近の歌物を作る時の方法として定着しているのが、ボーカルラインを”ボーカロイド”で打ち込んで、その他の楽器のアレンジをすると言う方法ですドラえもん←こいつはドラえもん

 

オッドアイ猫数年前までは、ボーカルラインはピアノかシンセのリード音色で打ち込んで、完全に伴奏のオケを作ってから、最後に歌を入れて完成と言う感じでしたが、今はアレンジの段階で、イメージが掴みやすいように、最初から生のボーカルの変わりにボーカロイドの打ち込みでメロディーを入れてから曲をアレンジしていますニコ音譜

 

オッドアイ猫この方法だと、とてもイメージが掴みやすく曲作りがしやすいです爆笑音譜

 

オッドアイ猫それで、前まではボーカロイドと言えば皆さんご存じの”初音ミク”を使っていたのですが。。。どうもあの子供っぽい”高音域がキツイ声”がいまいちだと思っていたので、今回は同じボーカロイドの”結月ゆかり”を使ってみましたニコニコ

 

 

オッドアイ猫何となく直感で選んだのですが、これが割と良い味を出していて、声に適度な”空気感!”があり良い感じのボーカルになりました笑い泣き

 

オッドアイ猫もちろん初音ミクも好きですが、ミクで作る時は、あまり高音域を使わないように気を付けていますお願い

 

オッドアイ猫あまりキンキンとしたいわゆる高くて”黄色い声”が苦手なのです(笑)ガーン

 

オッドアイ猫この結月ゆかりは割と落ち着いた声ですので、こういうバラードの曲には合っていると思いますニコ

 

オッドアイ猫それでも、やはり少し声が甲高い子供っぽい声でしたので”GENジェンダーファクター”と言うパラメーターで、全体の声を少しだけ太い大人っぽい声に調整しましたニコニコ

 

オッドアイ猫このパラメーターは声の持つフォルマント成分を調整して、女性の声を男性ぽい声に変えたり、子供っぽい声に変えるいわゆる”声の年齢を変える”パラメータなのですうさぎ

 

オッドアイ猫標準は中間の64でしたが全体を80に変更しましたニコ

 

 

オッドアイ猫試しにめいっぱい上げたらモンスターみたいな声になって(笑)思いっきり下げたら、初音ミクよりも子供っぽい声になりましたので、声の調整をしたい方はぜひこの項目を変更してみて下さいねっ爆笑

 

オッドアイ猫また、ボーカロイドに付きましては、いろいろなボカロのレビューを含めて、打ち込み方など自分なりのブログを書きたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていて下さいねニコ

 

オッドアイ猫よく尋ねられるのは『どのボーカロイドが良いですか?』と言う質問ですが”自分の好きな声の物を選んで下さいね”とお伝えしていますニコ

 

オッドアイ猫他人が勧めくれたとか、巷での評判が良いとかあまり気にせず、まずはいろいろなサイトの音楽やビデオを見て、自分の作る曲や目標とする物にあった”声”の物を選べば良いと思いますウインク

 

オッドアイ猫正直言いまして、どんなに細かく打ち込んでも、その”声質”その物は変えることが出来ないですし割と高額な物ですので、慎重に選んだ方が良いと思いますニコ

 

オッドアイ猫物によっては、体験版もありますので、ぜひそれらを使って実体験をしてから購入されると良いと思いますニコ

 

 

オッドアイ猫では次に、曲作りの課程に付いて書きたいと思いますPC

 

オッドアイ猫最初にまず、依頼を受けた時のMP3を聞きながら、耳コピでボーカロイドで歌の旋律を打ち込んでいきましたニコ

 

オッドアイ猫すでに曲全体のメロディーが決まっていましたので、4分強のボーカルラインを打ち込み、それに適当にベースとドラムを入れて、数時間で簡単なオケが出来上がりましたドラえもん

 

オッドアイ猫そのオケを先週の金曜日頃まで”iPhone”に入れて持ち歩いて聴いていたのですが『確かにこの原曲は、そのままでも決して悪くない、あの子は才能がある』と心の中で思っていたのですが、やはり自分が作る曲は人様に聴かせないといけない曲だし、何と言ってもアルバムで販売するための曲だと聞いていましたので、これはやっぱり全体的に作り直そうと1週間前に決心しました(笑)爆笑

 

オッドアイ猫そして、それからいろいろやって最近やっと完成しましたビックリマークニコニコ

 

 (∩^o^)⊃━☆゚.*・。

 

オッドアイ猫まずは取り敢えず、今回、結月ゆかりのボーカルのバージョンで発表をしまして、この後、本人の歌う”シエラ日本語バージョン”と”英語バージョン”を発表する予定です爆笑

 

オッドアイ猫最初にいただいた曲からみて、7割以上変えてしまったアッキーをお許し下さい(笑)笑い泣き

 

オッドアイ猫でも、とても良い曲になったと思いますので、次は本人のボーカルのレコーディング待ちですねニコニコ

 

オッドアイ猫おそらく近日中には英語の歌詞も出来て、Englishバージョンも出来ると思いますので、それも楽しみしていますニコニコ

 

オッドアイ猫この曲を作る時に気を付けたのは、あくまでもこの曲は歌が主体のバラード曲ですので、ベースの音を抑えめにしましたガーンあせる

 

オッドアイ猫本来、ベースの音にこだわる自分ですので、目立つベースの音からの~~”クールなダンスミュージック!”と行きたい所ですが、生のベースでシンプルに刻む感じにして、ミックスダウンの時もイコライザーで低域を少し削りました笑い泣き(笑)

 

オッドアイ猫シンセサイザーは、今回もKORGのWAVESTATIONを使い、中間のブリッジの所では、アナログシンセの音で、アルぺジエーターの早い流れるような旋律を入れて、カッコイイ感じに仕上げていますビックリマーク(笑)笑い泣き

 

オッドアイ猫まあ、この様に文章で書いていても分からないと思いますので、今回もまたこれを聴いて見て下さい。。。。。爆笑

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

 

 

オッドアイ猫どうでしょうか、イントロとエンディングの”水の滴の音”がとても良いのではないでしょうか?(そこかいっ!)(笑)チュー

 

オッドアイ猫それと、Aメロのバックで鳴っている、トレモロのかかったストリングスの音も豪華な響きを奏でています笑い泣き(笑)

 

オッドアイ猫これはちょっとしたコツですが、オーケストラの楽器をシンセで奏でても、何かしっくりとこないと言うことが時々ありますガーン

 

オッドアイ猫何というか、生の楽器をシミュレートしているにも関わらず、何か嘘っぽい感じてリアルさに欠けてしまう時は、上に同系統のシンセの音色を鳴らすと良いと思います音譜

 

オッドアイ猫今回は生のサンプリングしたトレモロのストリングスと、シンセのストリングスの音を重ねていますが、なかなか良い感じだと思いますチュー(笑)

 

(●^(エ)^●)

 

オッドアイ猫自分が曲を作る時は”絶対にメロディー”優先ですビックリマーク

 

オッドアイ猫最近では、歌詞の提供を受けて制作をする時以外は、メロディーを作ってからそれに歌詞をパズルの様にはめ込んでいきますニコニコ

 

オッドアイ猫そして、そのメロディーを作る時も出来るだけ楽器を使わず、閃いた旋律をそのまま演奏、又は打ち込むようにしていますニコ

 

オッドアイ猫なぜかと言いますと、ピアノならピアノ、ギターならギターで曲を作り始めると、やはりその楽器にあった、その楽器独自の旋律になってしまうからです音譜

 

オッドアイ猫ですので最初の作曲の段階では、なるべく頭を空にして、浮かんでくるインスピレーションそのものを形にする様に努力していますニコ(何か“努力している”とか書くとカッコイイですね~笑)

 

オッドアイ猫曲のタイトルですが、英語のタイトルはごく普通に”Teardrops”ですが、日本語のタイトルは少し長く『涙の滴は落ちて海になる』ですニコ

 

オッドアイ猫最初は、よくありがちな”ティアドロップス”とか”涙ポロポロ”にしようかと思いましたが、普通でありがちでしたので、この曲名にしましたドラ。

 

オッドアイ猫『涙の滴は落ちて海になる』って何か最近流行の”文章みたいに長いバンド名”にしても良いですよね?(笑)爆笑

 

(* ̄∇ ̄*) ♪

 

オッドアイ猫また、この曲の日本語バージョンと英語バージョンが完成しましたらご報告させていただきたいと思いますチュー

 

オッドアイ猫それと後、今回すごく感じたのは、他のミュージシャンの方とのコラボって大事な事だと思いましたニコ

 

オッドアイ猫なぜかと言いますと、自分独自では、今回の様な『涙ポロポロ』と言ったフレーズは絶対浮かんでこないと思ったからですニコ

 

オッドアイ猫これからも時々、こういうコラボレーションをして、新たな領域に足を踏み込んでみたいと思います爆笑音譜

 

オッドアイ猫さて、また今日から次の新曲に取りかかりたいと思いますビックリマーク爆笑

 

オッドアイ猫では、皆さん今日はとても暖かい陽気ですので、一日を楽しんで下さいねっニコニコ

 

オッドアイ猫ブログのコメントや、メッセージには必ずお返事をしますので、お気軽に書いて下さいね爆笑音譜

 

オッドアイ猫いろんな事を語り合いましょう~(笑)ウインク

 

オッドアイ猫またブログ書きます~~~車ダッシュ

 

オッドアイ猫最後に以前作った初音ミクボーカルの歌ですが、この曲も大好きな曲なのでぜひ聴いて見て下さい。そしてどなたかぜひこの曲にチャレンジしてみて下さい!ぜひコラボしましょうねっ(笑)